あなたなら裁量トレードにする?それともシステムトレード(自動売買)?

FXを始めようとしてシステムトレードの巧みな説明文に感嘆し、資産をつぎ込む決意する人は結構多いのではないかと思う。私がFXを始めた2008年はまだシステムトレードの知名度が低かった為、私は裁量トレードから出発した。自分の意思で通貨の売り買いを行い、利益や損失に一喜一憂していた。

 

記憶の限りでは2年前の2011年頃がFXシステムトレードの最盛期だったように思う。「寝ている間に稼げる」とか「PCを付けっ放しにして1日に1度チェックするだけ」という名目の下で、次から次へと商品が登場して、目移りしながら随分な金額分を購入してきた。

 

半年間は絶好調で利益が出ていたものがそれ以降は損失を出し続けたり、巧みな説明文とは全く逆で最初から損失が膨らむ一方のものだったりと、多くのシステムが販売されては淘汰されていった。私も15個程のシステムを購入し、今も使い続けているものは1個だけ。

 

1日に1度だけしか取引をしない非常におとなしい部類のシステムだが、実績と信頼を持っているのは唯一これだけである。システムトレードの世界でも、見極める力が重要だと痛感している。

 

FXの自動売買は低レバレッジで行うのが鉄則?

FXの自動売買についてですが、低レバレッジならまだいいのですが、ハイレバレッジで行う際には資金管理には十分注意した方が良さそうです。突然のアクシデントや、各国先進国の金融担当者のコメントなどにより、突発的にレートが動く事があります。

 

その際にハイレバレッジで持っていると、資金を無くしてしまう危険性があるからです。もちろん、その逆の大儲けする確率もあるのですが、本当に余剰資金なら良いのですが、お金はみなさん大事だと思いますので、自動売買などはいくら成績が良くても低レバレッジで行うべきだと思います。

 

黒田バズーカのような、勝ちやすいチャンスはたまにあるのですからそういう所で資金を増やせばいいわけです。ハイレバレッジは結局ギャンブルになってしまうので、本当に儲けている人は確実に勝ちやすい所を狙っています。自動売買は低レバレッジで行いましょう。

FXは裁量トレードか自動売買か?/FXで羨望のまなざし関連ページ

1ドル94円台のレンジ
ローソク足を組み合わせて
キャンペーンをよりお得に
FXでワンランク上の車

このページの先頭へ戻る